2023年12月30日

連続テレビ小説『らんまん』 ラストシーン


らんまん.jpg

草花をこよなく愛する主人公・万太郎が、成長し植物学の道を究めようとする連続テレビ小説『らんまん』(NHK朝ドラ)の総集編を見た。

病に侵された妻・寿恵子(浜辺美波)のため、図鑑の完成を急ぐなか、東北でとある植物と出会った万太郎(神木隆之介)。

ついに図鑑が完成し、最後のページに加えられたのは、寿恵子の名前を冠した新種の植物「スエコザサ」。

寿恵子は、万太郎に

「私がいなくなったら、いつまでも泣いてちゃダメですからね」

「草花にまた会いにいってね。そしたら、私もそこにいますから」

と告げる。

このラストシーンの寿恵子の台詞は素晴らしかった。



posted by サタデー・ナイト・ファイヤー at 11:04| Comment(0) | らんまん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください